ホットワードでトレンドブログを書く考察

トレンドブログは新たな知識との出会いの場所。ジャンルを絞らずに掘り下げてみよう

#nhkとは面白い!受信料払うばかりでなくNHKを使ってアフィリができないか考察する

3日坊主な私が3日連続でブログを書いているという事で
今日あたりが峠かもしれまえん

松茸汁です。
今回もよろしくお願いいたします

さて、3月26日早朝
Twitterトレンドを見てみると

#nhk

と言うのを見つけました

これは面白い!

実は私はNHKの番組が大好きで、受信料を払う事になんのためらいもない
奇特な人物です。

とは言っても、今は家にテレビが無いので払ってませんけどね

さて、そんなNHKと言えば
とってもウザイ受信料を徴収しにきますよね!
(私は納得して払ってましたが)

f:id:oremoyan:20170327012406j:plain

 

そんなウザイ受信料を払わなければならない
NHKを使って逆に稼げる方法はないか?!
と考えるのがアフィリエイターです

では、早速どんな方法があるか?
と考えますと

よく見るのが
国会中継を録画してyoutubeにアップして
アドセンス広告を張り付ける

これをやってる人多いですよね

ですが、実はこれは法に触れる危険性はあります

国会中継自体をyoutubeにアップすること自体は違法ではありません

国民の知る権利というモノがあり
公務執行中の政治家などの行いはむしろ国民全員が
知らなければならないくらいのものです

もちろん、合法的に秘密にしなければならないモノは除いてですが

で、アップすることは違法ではない国会中継
アドセンス広告などを入れてしまうと話は変わります

多分、見て見ぬ振りをしているだけとは思いますが
国会中継NHK
著作権の侵害」
を訴えれ動画サイトからはごっそり消されてしまいます

もしかしたら訴えられる事もあるかもしれません

「受信料払ってやってんだからNHKがそんな事しねーだろ?」
なんて思ってる人もいるかもしれませんが
訴えこそしてませんが、以前にNHKyoutubeから動画をごっそり
消した事件を覚えてらっしゃる人もいるでしょう

あの時は著作隣接権を訴えてyoutubeから消しましたね

なので、国会中継も違法ではないですが
アフィリ的にはグレーです
無料ブログで稼いでたら、アカウント停止されたー!
って話に近いものが出てきます

国会中継がダメなら他の番組は?
もっとダメです。
どこかの芸能事務所に出ているタレントは
全員、芸能事務所が著作権を持っています

芸能事務所に訴えられらたキチンと 払いましょう
何十万円か何百万円かは知りません

やっぱ、NHKで稼げないじゃん!

と諦めたアナタ!

パチンコ屋作戦を使ってみては如何でしょう?

動画ではなくサイトが稼いだ作戦です。

パチンコ屋では玉をお金に変える事はできませんよね
棒金に変えてくれるだけです

で、パチンコ屋の近くには何故だか絶対
その棒金を買い取ってくれるお店がありますよね
何故か絶対。

なので、例えば

国会中継を紹介する政治コンテンツサイトに
国会中継動画を張り付ける

こうすれば動画が稼いだ訳でなく
サイトが稼いだって理論です

なんて、書いてもほとんど政治コンテンツサイトが
この方法を行っています

しかも、解りやすいようにテロップをつけたりしてくれてる
サイトもあります

さらに言えば、先ほど書きましたが
NHK著作権をいいだしたら動画自体消される心配もあります
(めったに無いと思いますが)

稼げる内に稼ぐにはとても良い方法でしょう

しかし、政治コンテンツは強者揃いです

もっと、オリジナルコンテンツでせめてみませんか?

じつはNHKには自分のオリジナル動画が作れるサービスがあります

NHKクリエイティブライブラリーというサービスです

f:id:oremoyan:20170327013107p:plain


自由にダウンロードできる動画素材が山のようにあります

しかし、自由にダウンロードできても
著作権NHKにありますので
その動画自体でアドセンスしたりは出来ません
もちろん、素材動画や素材動画で作った作品の売買もできません

しかし、山のようにある動画素材で
オリジナルの面白動画を作ってサイトで
発表はOKです

ここで、パチンコ屋作戦です

動画消される心配はないので安心ですし
芸能人もいないので著作権もありません
(芸能人はパブリシティー権と言います)

思いっきり自分の面白コンテンツを作って
サイトで発表してみませんか?

 

上の動画は随分前ですが、NHKクリエイティブライブラリーの動画素材と
音楽素材を使って作った作品です

イデア次第で面白そうな作品が沢山つくれると思いますよ

と言うより作れます

ここまで、記事を書いていてふと思い出した事があります


インターネット創世記に日本では
MADニュースというモノが一大ブームになりました
それは、今のようにネットが誰にでも使えるものではない
まだまだマニアックな時代

テレビやラジオのニュース番組の音声を抜き出して
切り取って張り付けてと
よく解らない作品を作り上げて
自分のサイトで発表していました。


MADNews

あらびきですが、新しい才能が世に出てきてたように思います

今のようなキュレーションのようなきれいにまとまったサイトばかりでなく
自分で面白コンテンツサイトを作って見るのも
温故知新といいますか

コンテンツサイトとして盛り上がるとはおもわないでしょうか?

ところで、お気づきになりませんですか?

丁度この下↓に広告バナーがあると思うのですが

 

 

一度、この↑バナーを試しにクリックしてみてください
するとわかるはずです

NHKの動画で広告収入が発生したのか
サイトが広告収入を発生させたのか

って