ホットワードでトレンドブログを書く考察

トレンドブログは新たな知識との出会いの場所。ジャンルを絞らずに掘り下げてみよう

#エビの尻尾 栄養たっぷりなエビの尻尾ですが、尻尾くらい食えないと未来は餓死するかも・・・カサカサゴソゴソ・・アナタは食べる派?食べない派?を考察

実は本業飲食店の松茸汁です。

f:id:oremoyan:20170417165041j:plain

#エビフライの尻尾

と言うトレンドワードをみつけ
”食べる派” ”食べない派”

に分かれて論争が繰り広げられているようです

私は
”食べる派”です。
条件付きですが

ちなみにブログのはじめにも書きましたが
飲食店を営んでおります

そんな飲食店を営んでいる私個人的な意見では

「エビは尻尾まで食べてほしいなぁ・・」

です

とは言え

エビの尻尾はフライにしても、天ぷらにしても
硬くて歯ごたえもジャリジャリで食べにくかったりしますよね

そこで、料理人として私の信条は

「エビは尻尾まで美味しく食べてもらえるように調理するのが料理人だ」

まぁ、さすがに生で尻尾まで食べろとは言いませんが

せめて、揚げたエビの尻尾は食べれるように調理しろと言う事です

試行錯誤しました
プロジェクトXに出れるんじゃないか?
くらい色々しました(知らんけど)

で、美味しく尻尾まで食べれるエビの天ぷらを揚げれるようになりました

その、美味しくエビの天ぷらを揚げると
尻尾は、本当に”カルビーかっぱえびせん”の濃ゆい目の味わい

みたいに香ばしく美味しく揚がります

しかも、歯ざわり舌ざわりもジャリジャリしません
パリパリです

美味しく揚がったエビの尻尾を食べた事が無い人にもわかりやすく言えば

箕面とかで売ってる、もみじの天ぷら”
みたいな感じです
もみじの天ぷらの方がレアかも・・

まぁ、香ばしくて本当に美味しいです

 

しかも、栄養もあります

尻尾と言うわけではないですが
尻尾や外骨格には

⓵豊富なカルシウム
コレステロールや重金属を排出するキチン
⓷疲労回復、抗酸化作用のアスタキサンチン

 

 

とても身体によいのです

「エビの尻尾には雑菌が~」
なんて言う人もいますが
170度以上の温度の油で揚げるのですから
問題はないんじゃないかな?

注意点は胃腸が弱い人は食べない、食べすぎない方がよい
ってくらいですね

腹痛や下痢、便秘になる恐れがあります

あと、キチンと言う成分が

f:id:oremoyan:20170417165152j:plain


「ゴキちゃんの羽などと同じ成分と言うのが嫌~」

まぁ、確かにゴキブリ食べてるみたいで嫌な気分になるかもしれませんが
虫料理を出す店で食べた料理の中で一番ゴキブリが美味しかったと
私の友人は言っておりましたし

2-エチルフェノールという物質はゴキちゃんが出すフェロモンですが
コーヒーの香り成分ですww

少量ですがゴキブリを飲んでる気分になりましたか
ウェーハッハッハッハ!

とは言え、
キチンにしても、2-エチルフェノールにしても
ゴキちゃん持っているというだけの成分です

気にするものでもないでしょう?

 それに、ちょっと話は変わりますが
虫は数年前からとても食料として注目されています

現在地球は人口が増えすぎて十数年もすれば食料が足りなくなるかも
なんて言われています

そんな足りなくなった食料を補うために
ウジ虫
を食料として育成する

f:id:oremoyan:20170417164544j:plain

Farm432

食料バッタを育てる

f:id:oremoyan:20170417164737j:plain

Lepsis

などがあります

ですが、昆虫食初心者がいきなり

ウジ虫やバッタなんて・・・

ちょっと気が引けちゃいますよね

そんな気が引けちゃうアナタにも大丈夫そうなムシがいます

ミドリムシです

ユーグレナという名前で売られている事が多いです

ミドリムシは驚くことに

およそ100gで一日に必要な
ビタミンやミネラル、アミノ酸などを
摂取することができてしまう万能の食品です

無駄な糖質や脂質もないので
食事を制限しないといけないダイエット中のアナタにはピタリな
食品と言えます

近い未来に食糧難で虫を食べないといけなくなるかもしれない
時代がくるかもしれないので

今のうちに

エビの尻尾くらいキチンと食べれるようになっておくのが
いいんじゃないかな?

思います

キチンとね