ホットワードでトレンドブログを書く考察

トレンドブログは新たな知識との出会いの場所。ジャンルを絞らずに掘り下げてみよう

#小学生の頃 自分の息子を通して自分の小学生の頃を思い出し色々考察してみる

キーワードに小学生の頃というキーワードが出ていて少々ノスタルジックな気分にふけっている松茸汁です

ちょうど、私の息子が今年で小学2年生になりまして
小学1年までは、中々子供だけで遊びに行くこともすくなく
親が一緒について行く感じでしたが

2年生にもなると、友達同士で親抜きで遊びに行くことも多くなりました

親抜きの子供同士の世界では全てが冒険のような世界みたいです

道路の白線は幅20数㎝の切り立った崖のてっぺんだったり
野良猫は狂暴な野獣だったり
滑り台は敵からの攻撃を見守る見張り台だったり
ブランコは当たったら死ぬトラップだったり

大人になると、だんだん白線は白線にしか見えなくなり
猫は猫、滑り台は滑り台、ブランコはブランコにしか見えなくなってきます

アフィリエイトをするにあたり
”あるモノが空想の違うモノに見えるように見える”
とい能力は非常に大切だなぁ

なんて最近つくづく思うようになりました

 

いわゆる
”ずらし系キーワード”
なんていうモノは

あるモノを違うモノに見える能力の延長にあるように考えるからです

つまり”発想の転換”という力が在るか無いかというのは
アフィリをする人間にとっては非常に重要で

自分よりもヘビーなアフィリエイターと
同じ案件で戦うには
どうしても、発想の転換、ずらし系での奇襲する能力が要ります

子供のような
あるモノを違うモノで見れる能力を高めなくてはなりません

などと、難しく考えてしまう所が大人の悪い所かもしれませんが

硬くなった大人の脳ミソを柔らかくするには訓練が必要です

ダジャレは簡単にできる脳トレです

オッサンがいつもつまらないダジャレで場を凍り付かせていますが
あの、ダジャレと言うのは認知能力や回顧能力の維持や活性化に
じつは必要なものだと言われています

新しく仕入れた知識を昔の記憶と繋げて覚えるための
オッサンの儀式と思ってください

また、同じダジャレを言うのも昔の記憶を脳内にとどめている
脳内作業と思って、暖かい目で見守ってあげてください

ダジャレも言えないオッサンは認知症になりやすくなるかもしれません

くだらないどうしようもないダジャレでも
実は脳はものすごく活動しています

以前にテレビの科学番組だったと思いますが
ダジャレを考えている時の脳の活動
シナプスと言われる情報伝達の細胞がものすごく
活発に活動しているのを見た記憶があります

大人に比べると、まだまだ情報量の少ない子供の脳は
好奇心にあふれ新しい情報を素早く仕入れ
過去の情報と繋げる能力が高いのでしょう

結果、あるモノを違うモノとして見る事が簡単にできるのではないでしょうか

大人になり経験を積んでいくと
あるモノをあるモノとして認知し
どんどん固定化されていくと

あるモノを違うモノとして考える能力が
どんどん出来なくなってしまいます

生物の身体は常に生きていくうえで
何事も低燃費にしようとするので

物事を固定化して覚えるというのは
シナプスの活動をおさえて脳の活動を低燃費にしていくのですね

余談ですが
人間の脳のエネルギー量と言うのは
一日に原子力発電所と同等のエネルギーを必要とするそうです

人間のエネルギーの元は食料なので
とても一日に食べる食料から原発ばりのエネルギーは作れません

人間の身体で一番エネルギーを必要とするのが脳なので
より一層低燃費に抑えるようにしないと
餓死してしまうので

記憶の固定化というのは自然な事です

記憶を固定化すれば脳のエネルギーは少しでも減らせる訳ですから

しかし、この低燃費化をあたりまえだから~

と言っていては

子供のような発想の転換には敵いません

今のアナタに
”小学生の頃” のような面白い不思議な発想は今でできますか?

個人的に私にはとても出来そうにないです

脳を訓練してシナプスを活動的にしましょう!

一時期、脳トレのゲームが人気になりましたね

 

加齢による脳の活動の低下を目的に作られたゲームで中年の方や
お年寄りに人気がでました

今では中古で1000円くらいで買えるので
もってない方は購入されるとよいのではないでしょうか?

 

 

Newニンテンドー3DS LL パールホワイト

Newニンテンドー3DS LL パールホワイト

 

脳トレのゲームをするにはゲーム機本体の3DSが必要です
お忘れなきようww

また、脳の活動を活発にする教材として有名なのが

 RevoluSynapse~シナプスの革命~

という教材です
1998年頃にウェブ上で「エルピス知力トレーニング」
として公開されていた脳トレゲームの元祖のようなモノです

ですが時代とともに

「ブラウザに対応していない」
とか
「怪しい」
とか
「絵がちょっと子供っぽ過ぎる・・・」

などと注文がつき始め

2016年に
大人が満足できる洗礼された教材へと作り直されました

「エルピス知力トレーニング」を愛用されていた方々からも

「エルピスは非常によい脳トレだっただけに、時代に合わない絵やブラウザのせいで
このまま忘れ去られるのはもったいない」

との声も上がっていたので

今回の

RevoluSynapse~シナプスの革命~

の進化洗礼された教材販売には歓喜の声が上がったようです

教材構成は
 認知力・記憶力の開発トレーニング
速読・創造力の開発トレーニング
健康回復トレーニング

の3部構成となっており

特にアフィリエイターのみならず
個人経営者にも会社勤めのビジネスマンやビジネスウーマンの方々にも
「企画の発案に役立つ」

「低迷する売上を発想の転換で持ち直すことができた」

などの声も

さらに
「おばあちゃんの認知症が改善した!」
と喜びの声も聞かれ

国の内外からも多くの喜びの声が届いている

ちょっと残念なのは
ウェブ上で手軽に簡単にできたと言う利点はあったが

RevoluSynapse~シナプスの革命~

は教材という形なので購入しなくてはならないので
ウェブ上で簡単にできるという利便さはなくなったが
製品化されたおかげで

デザインはもとより、内容もさらに脳トレを行うにあたり
深くトレーニングできる内容になり
操作性も随分向上した

以前にあったウェブ版とはどれだけ内容が充実されたかは
ぜひとも体験して確認していただきたい

小学生の頃のような
面白い発想や柔軟な発想を
もう一度できるような柔軟な脳ミソにするに

とても良い教材の一つである事は間違いない

 

今回も私の記事を最後まで読んでいただきありがとうございました

記事に対する意見やご感想ございましたら
コメントによろしくお願いします

さらによろしければ
ブックマースやシェアをしていただけると
とても私が喜びます

よろしくおねがいします