ホットワードでトレンドブログを書く考察

トレンドブログは新たな知識との出会いの場所。ジャンルを絞らずに掘り下げてみよう

【人類滅亡の危機か!】旅客機から不思議な黒煙のような雲が撮影されたと話題に

旅客機から撮影された話題の不思議な黒煙のような雲

 

f:id:oremoyan:20180327120050p:plain

 

2018年3月不思議な雲が撮影される

 

2018年3月23日ころ

一つの不思議な映像がネットに上がり話題になっている

その映像は旅客機の中より撮影された動画で
雲の中から、真っ黒な黒煙が上空に向かって
登っていく映像だ

さらに不思議なのが、なんらかの煙や局地的に発生したような
雨雲であるなら

そのまま、ほぼ真っ直ぐ上空に立ち昇っていくはずなのだが
この話題になっている撮影された雲は

まるで航空機やロケットの飛行機雲のように
立ち昇る方向を変えていくのだ

 

f:id:oremoyan:20180327123435p:plain

 

もしかしたら、ロケットや航空機の煙なのか心配にもなったので
一応、黒煙の先端を拡大して見るが

 

f:id:oremoyan:20180327130449p:plain

航空機やそれらしきものは見えない

どうやら、この黒煙のような雲は
自からの意思で方向を変えているとしか思えない

その、自からの意思で方向を変えているかもしれない動画が

これだ

👇

 

 

 

この驚愕の黒煙のような雲を見て
読者の方々はどう思われただろうか?

単なる自然現象?

とでも思われただろうか?

この動画を観て私はあるモノを思い起こさずにはいられなかった

ケムトレイル

ケムトレイルとは

このブログの読者である足が長くて超スーパーかっこいいスタイルの皆様なら
ケムトレイルの説明はいらないと思うが

読者でない奴らの為にケムトレイルの説明を仕方ないからすると

ケムトレイルとは、ケミカルとトレイル(航跡)を繋げた
造語であり、航空機などがなんらかの目的を持って
散布された有害な化学物質であり

ケムトレイルの成分は

アスベストバリウム塩、アルミニウム、放射性トリウム

などから構成されているという

ケムトレイルは通常の飛行機雲と比較すると航跡が通常より長く
残留して広がり独特な雲に変化していくことがあるという

どうだろう?

映像の独特な雲と、ケムトレイルの説明
ズバリ一致しているとは思えないだろうか?

独特な雲の形といい
長い残留時間といい
長い航跡といい

全てが一致する

では、一体なんの目的でケムトレイルは散布されるのだろうか?

人類滅亡の危機!宇宙人襲来とケムトレイル

 2018年とは、どのような年かご存知だろうか?

実は1963年から4年間カナダの国防相を務めた
非常に信頼性のある人物ポール・ヘリヤー氏が

 

「2018年は宇宙人が姿を現し、そして地球侵略元年となる!」

と言っているのだ!

f:id:oremoyan:20180327140100p:plain

では、宇宙人の地球侵略とケムトレイル
一体どんな関係があるというのか?

考えてもらえば非常にシンプルな回答になる

超科学力をもつ宇宙人とは言え
地球人が本気になれば、地球という惑星ごと破壊できるような
兵器を保有している種族である

宇宙人VS地球人との戦争になれば、間違いなく双方で
とてつもない被害が出ることは想像できる

さらに、宇宙人の中にも、このブログとずっと読んでもらっている方々なら
説明の必要はないと思うが

親地球派の宇宙人も居るわけだ
侵略宇宙人VS地球親宇宙人との
超科学兵器で行われるであろう

大戦争、想像しただけで恐ろしい。

さらに、侵略目的は人類の殲滅ではなく
人類奴隷化・家畜化が主な目的であることは、何度も当ブログでは
紹介して居る

となれば、上空から無差別に有害物質を撒いて
戦意と消失させるのは非常に有効な手段とも言えるのではないだろうか?

 

宇宙戦争を予感させるスペースX社の動き

ところでスペースX社という宇宙開発のベンチャー企業をご存知だろうか?

つい先日、ファルコンロケットという大型のロケットを打ち上げたことでも
話題になった宇宙開発会社だ

 

f:id:oremoyan:20180327155221j:plain

 

また、このスペースX社のCEOと言えば
イーロン・マスクというフォーブス誌でも
世界に影響力のある人物の一人として紹介された人物だ

そして、このスペースX社は2020年を目標として
火星への移民の構想を持っており

先ほど紹介したファルコンロケットに

「火星で乗る為」

と言ってスポーツカーをロケットに乗せたりもしている

一見、スポーツカーをロケットに乗せる行為は
金持ちの一種のお遊びぽくも見えるが

私がこのスポーツカーのニュースを聞いた時には

「もう、そんな所まで来ているのか!」

と一瞬さ筋が寒くなった

と、言うのも
宇宙人と地球人との戦闘は近々起こるものとは思っていたが

火星移住の最初の計画では2036年頃とされていた

だが、アメリカの軍事関係ともつながりの強い
イーロン・マスクのスペースX社は

火星移住を2020年と16年も計画を早め
さらに宇宙開発のコマのスピードをあげているのは

移住といえば、聞こえがいいが、実際には


火星避難

ではないだろうか

そう、宇宙人との間に始まる人類の存亡がかかった
大戦争

勝っても負けても地球はとても住めるような状態では居られないだろう

と、なれば他の惑星に移住するしかすべは無くなる

火星だ!

 

f:id:oremoyan:20180327160251j:plain

しかも、火星移住の計画が16年も早まり、わずか2年後と言うのは
どう言う意味があるのか

それは、それだけ宇宙人との戦争が予想より早まっている!

と言う意味を現していると言える

いくら、戦争の放棄をうたい、平和を願っても
侵略者にとっては、そんなもの全く意味はない

むしろ戦争の放棄をうたい武力を放棄すれば
これほど侵略者にとって好都合はないだろう

f:id:oremoyan:20180327154112j:plain

 

来るべき宇宙戦争に備え、各自で銃などの武器を秘密裏に入手しろとは
言えないが

現実問題として目前にまで迫ってきている
この戦争に備えて

心構えと準備と覚悟はもうしておかなくては
ならなくなっているのかもしれない

 

知らんけど