ホットワードでトレンドブログを書く考察

トレンドブログは新たな知識との出会いの場所。ジャンルを絞らずに掘り下げてみよう

続報!ウェールズの死骸は SCP-682 「不死身のクソトカゲ」ではないか?と話題に

ウェールズの謎の死骸は不死身のクソトカゲSCP-682なのか⁉︎

f:id:oremoyan:20180526170353j:plain

 

 

前回紹介したウェールズの海岸に流れ着いた
死骸は

バラ湖にすむデジーの死骸ではないか?

と筆者は考えたのだが
実は、記事を公開した直後に

「あの死骸はSCP-682だ、やっと死んだのかクソトカゲめ!」

と私に情報を提供してくれる

謎の組織のメッセンジャー ミスター・ヤマモト

が少し興奮気味に連絡をしてきたのだ

本当にウェールズの謎の死骸がSCP-682だとしたら
それは大変な出来事であるのは

誰もが知るところであろう

「やっと死んだのかクソトカゲ!」

と興奮を抑えられないのはミスター・ヤマモトだけではないはずだ

SCP-682

確保、収容、保護を秘密裏に行う謎の財団SCP
SCP財団については筆者の身柄の安全のために
詳しく説明することは出来ないが

そのSCP財団が確保、収容、保護している682番目の事案だ

そのため、SCP-682という名前で呼ばれている

SCP-682は見た目はワニによく似ていると言う事だが
俊敏性、筋力、知能が非常に優れており
さらには、人間の言葉も理解しており

噂であるが
人間の言葉も話すと言われている謎の生物だ

そしてSCP-682の一番恐れられている能力が

驚異的な再生、回復能力だ

何と、SCP-682は体全体のおよそ90%近くを損傷されても
脱皮などを繰り返し
程なく回復してしまう

つまり、殺そうとしても殺せない生物なのだ

SCP財団では何度となく、SCP-682の処分を試みたが
その高い知能と、高い回復力のため

逆にSCP財団職員やエージェントに多くの死傷者が出ているとの
噂を聞いている

何にせよ

不死身の爬虫類

の異名をもつSCP-682がウェールズの海岸で
しかも死骸で発見されたという
ミスター・ヤマモトの情報がどれだけ大変な事なのか

お判りいただけたのではないだろうか

殺せない生物を殺す方法

殺せない生物が死骸で見つかったと言うだけでも
大騒ぎになるわけだが

実は、さらに恐ろしい事がある

実は

殺せない生物SCP-682が以前、死骸で発見されていた事案があるのだ

その事案とは

SCP-2935

だ!

SCP-2935とは、その名の通りSCP財団の扱う事案の
2935番目にナンバリングされた事案だ

このSCP-2935と言うのが何とも不可解な事案であり

生物や物体ではなく

空間なのだ

空間といっても、他の次元、または並行宇宙にある地球なのだが

なぜか全てが死滅している地球なのだ

どれくらい死滅しているのかと言うと言葉通り全て
我々人間はもとより

動物、植物、微生物に至るまで

全てが死滅している空間なのだ

当ブログをいつもご覧いただいている皆様なら
異次元の位置なら重力波で測定が可能である事はご存知だろうし

【重力波で睡眠不足解消】ノーベル賞受賞した重力波の凄さを体感!【役立つ?何がすごいの?】 - ホットワードでトレンドブログを書く考察

 

異次元、並行宇宙の扉を開くならCERNを使えば良い事はご存知だろう

#パラレルワールドの崩壊 もう一つの世界が「CERN」により壊されたそうなのです考察のしようがない・・ - ホットワードでトレンドブログを書く考察

つまり、主流科学が取り合わないような
難問題を取り扱うSCP財団も
他の次元や並行宇宙への移動の方法は確立してある

重力波なのか、CERNなのかは解らないが
並行宇宙で全てが死滅した地球(SCP-2935)を見つけたSCP財団は

何と、言うか、やはりと言うか
SCP-2935でSCP-682の死骸を発見しているのだ

不死身のクソトカゲと言われたSCP-682ですら
SCP-2935の法則には従わなければならなかったようだ

そこで、考えなければならないのが

なぜSCP-2935でなければ殺す事が出来なかったSCP-682が
我々の住む地球のウェールズで死んでいたのか?

と言う事だ

フォトンベルトの影響

そこで考えられるのが、並行宇宙のSCP-2935と我々の地球が繋がる
何らかの力が働いたのでは?

と言う事だ

では、一体なんの力が働いたと言うのだろうか?

現在、我々の住む地球は太陽系ごとフォトンベルトという
巨大な超エネルギー地帯へ突入している事はご存知だろう

この超エネルギー地帯フォトンベルトに入った太陽系、地球にどのような
影響があるのか?

と言う事は、実ははっきりとは解っていない

一つ解っているのは

これまで考えられなかった方な事が起こるであろう

と言う事だけだ

これまで考えられなかったような事とは何だろう?

筆者が思うに

次元の融合が始まるのではないだろうか?

と考えている

我々の住む3次元空間の上には
4次元空間があり
その上には5次元6次元と続いてゆく

フォトンベルトの超エネルギーは
CERNなどが作り出すエネルギーより高エネルギーだ

と、なれば、CERNですら並行宇宙への扉を開く可能性があるのだから
フォトンベルトが並行宇宙や多次元の扉をひらけない筈は無い

という理由から並行宇宙との融合も始まり

フォトンベルトを通過する数千年の間に
違う次元、違う宇宙との知識の共有が始まる

丁度、12000年前にフォトンベルトを通りぬけた
地球で突如として始まった高度な都市文化・都市文明のように

フォトンベルトを抜けた時に新しい文明が始まるのではないだろうか

そして、今回のSCP-682の死骸の発見はつまり

フォトンベルトの影響で並行宇宙との融合が始まった結果
SCP-2935と、我々の地球の一部が融合した結果

ウェールズの海岸でSCP-682が死骸で発見されたのではないか

と、なるとこれから先

フォトンベルトのエネルギーがますます強力になってくる
フォトンベルト中心部に入って行くと

さらに不可解な事件が起こり始めるはずだ

その事件はもちろんSCPですら未だ取り扱われていないような

異常な事件であろう

もしかすると我々はSCP-682を超えるような
超強敵と出会う危険性もある

そんな強敵と出会った時我々は
生き残る事ができるのだろうか?

さらに恐ろしいのはSCP-2935と我々の地球が融合した場合に
我々の地球が優位の状態で融合するなら人類の絶滅は避けれれるだろうが

SCP-2935優位で融合した場合には
全てが死滅した宇宙である

我々と言うか、宇宙全体での生物の絶滅は避けられない事であろう 

知らんけど

Specialthanks

 

👆知らんけど、サコッシュ購入できます
1880円 (ほとんど儲け無し)