俺の中で話題に

俺の中で話題な話題ブログ

f:id:oremoyan:20200224141604p:plain

f:id:oremoyan:20200224141914p:plain

【緊急告知】人類絶滅まであと二日だったと話題に(現在5月29日)【みんなに知らせて!拡散希望!】

f:id:oremoyan:20180529150009p:plain

 惑星ニビル衝突であと二日で人類滅亡!

これまで、当ブログでは

来るべき第三次世界大戦の予言や
火星移住の計画
謎の生物UMA

などなどの政府や秘密組織がひた隠す情報を
独自の解釈を添えて皆様に情報公開を行ってきた

だがしかし、大変申し訳ないことに

一番間近に迫っていた危機

それも、人類絶滅、地球滅亡の危機を公開するのを忘れていて後悔している

公開だけに後悔している

遡ること丁度一年ほど前のことだが
その記事を読んだ事を
昨日のことのように今はっきりと思い出す

ダニエル・マンソンの警笛

昨日のように今はっきりと思い出すその記事とは

アルゼンチンに住むニビル研究家の

ダニエル・マンソン氏

の記事である

ダニエル氏によると

「地球は2018年の5月に惑星ニビルと同じ場所にある」

という記事を書いて我々に警笛を発してくれていたのだ
さらに恐ろしい事に

惑星ニビル接近と同時期に第三次世界大戦の勃発も始まる!
と言っている

 

www.express.co.uk

 

ダニエル氏の警笛にある

「惑星ニビルと同じ場所にある」

と言う言い回しは間違いなく
惑星ニビルとくっついた状態

そう!惑星ニビルと地球は衝突してしまっているのだ!

そもそも惑星ニビルとはなんだ!

さて、もしかしたら惑星ニビルについてご存知ない
無知な方もいらっしゃるかもしれないので

本題に入る前に簡単にではあるが

惑星ニビル

について説明しておこう

惑星ニビルとは

 

f:id:oremoyan:20180529150919j:plain


古代シュメール文明が栄えた時代の天体粘土板に描かれた
11個ある惑星の一つであり

大きさは地球の約4倍
密度は約100倍
太陽を中心におよそ3600年の周期で公転している
惑星だ

惑星ニビルにはシュメールに文明を伝えた
当ブログでもおなじみの”アヌンナキ”が住んでおり
地球に接近するたびに人類の進歩と調和などを観察しているようだ

聖書などに出てくる”神”とは
この惑星ニビルに住む”アヌンナキ”であると言われている

どうだろう?
惑星ニビルのことがお解りいただけただろうか

まず、驚異的な大きさである
地球の約4倍と言う大きさの惑星との衝突

地球にもし1kmの大きさの隕石が落ちてくれば
地球生命は絶滅すると言われている

たった1kmでだ

 

f:id:oremoyan:20180529152427j:plain

 

それに比べて惑星ニビルは地球の約4倍である

間違いなく人類滅亡、地球すら跡形もなく消えて無くなるだろう

さらに、惑星ニビルの密度である
たとえ、運よく惑星ニビルとの衝突が避けられたとしても

地球と衝突するくらいの近距離を惑星ニビルは通過するのだ!

間違いなく、地球を覆う大気は惑星ニビルの重力に引っ張られ
人類は呼吸をすることができなくなる

さらに、惑星ニビルの重力の影響で
火山の噴火、噴火に伴う大地震
などの恐れもある!

もはや、地球は地獄絵図と化すだろう

空気や地震以外にも恐ろしいことがある

宇宙からの有害な宇宙線が地球に降り注ぐのを防いでくれている
地球バリヤーの消滅もある

薄くなるか無くなるかもしれない大気
地球全体をおそう大地震
宇宙から降り注ぐ有害な宇宙線

もう、我々には絶滅の道しか残されていない!

さらにである
惑星ニビルの影響で酸素はなくなり大地震が起こり、宇宙から有害宇宙線
降り注ぐ地獄に輪をかけるように

第三次世界大戦

が勃発してしまうのだ!!

惑星ニビルによって起こされる地獄絵図に
輪をかけて自分達で地獄絵図を始めてしまうとは

人類とは、なんと愚かな生き物なのだろうか!

f:id:oremoyan:20180529145855j:plain

絶滅して然るべき存在なのかもしれないが

だが、逆に人間は人種を超えて協力し合うこともできる!

地球の存亡がかかっている残り二日(現在2018年5月29日)

最悪のシナリオは人類滅亡、地球の滅亡かもしれないが

少しでも残った未来への希望にかけて
手を取り合って協力し会おうではないか?

何を協力するのかは

 

知らんけど