ホットワードでトレンドブログを書く考察

トレンドブログは新たな知識との出会いの場所。ジャンルを絞らずに掘り下げてみよう

【警察ミステリー】消えた一万円の謎!そして、とうとう牙を剥き出したHAARPの恐怖!!!

消えた一万円の謎を追え!

2018年奈良県で不可思議な事件が起こった

f:id:oremoyan:20180726153607p:plain

奈良西警察署 | 奈良県警察本部

奈良県西署管轄内のとある交番に落とし物として現金が届けられた
届けでた女性と交番職員は現金の金額を二人で数えたところ
100万円あり2度ほど数え直したという

その後交番職員は拾得物届けを製作して現金を封筒に入れ収納袋に入れて
封をし、その後収納袋に入れられた100万円は、同署奈良県市西署会計課へ
提出され、担当者が現金を数え直したところ

不可思議な事に

100万円のはずが99万円しかなかったのだ!!

会計課職員の話では

「(会計課職員が)数え直すまで封を開けた形跡はなく、何者かが抜き取るのはこんなんだ」

とコメントしており、現在は消えた1万円の行方に
首をかしげていると言う事件があった

この事件を知った時に筆者はある事を思い出した

当ブログをいつもご覧の皆様なら何の事かもうお気づきだろうが

そう、マンデラ効果だ

マンデラ効果(マンデラエフェクト)

 

f:id:oremoyan:20180726155628p:plain

マンデラ効果のマンデラとは
南アフリカの大統領ネルソン・マンデラ氏のマンデラが由来であり
若くから反アパルトヘイト運動に身を投じてきたがマンデラ氏は
1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受ける

だが、27年の獄中生活を送った1990年に釈放され
1994年に南アフリカ大統領になり2013年にその生涯を
終えた人物だ

だが、このマンデラ
1990年の釈放のニュースが世界に流れた時に事件が起こった


超常現象研究家のフィオナ・ブルームと言う人物がマンデラ氏釈放の
ニュースを聞いた時にフィオナ・ブルームは

マンデラ氏って1980年に獄中死してるはず・・」

と思ったのだ

この話だけ聞けば、フィオナ氏のだたの勘違いだろう
と思われそうだが、だが、フィオナ氏には

が鮮明にあった
だがこの時フィオナ氏は

「ただの勘違い」

と自分の中で処理していたが

しかし、2010年、フィオナ・ブルーム氏の講演会か何かの時
フッとマンデラ氏の話が出た際に

「1980年にマンデラ氏が獄中死している記憶がある」

と話したところ、実に数多くの人々がフィオナ氏と同じように
1980年に獄中死をしている記憶を持っていたのだ!

さらに2013年のマンデラ氏死去のニュースが流れた時に
メディアには数多くの

マンデラ氏は獄中死していたはずだ!」

と問い合わせが殺到したのだ

一体これはどう言う事なのだろうか?

少数の人々が、マンデラ氏は獄中死」と思っていただけなら
ただの勘違いで済んだのだろうが

メディアに問い合わせが殺到するほどに多くの人々が

マンデラ氏は獄中死」

と言っているのだ

フィオナ氏はこの現象に非常に興味をもち

マンデラ効果(マンデラエフェクト)とこの現象に名前をつけ
ホームページを立ち上げ、数多くの人々が同じ記憶違いをもつ事案を集め始めた

例えば

 

  1. ボードゲームモノポリーのキャラクターの老紳士風のおじさんはどちらの眼に片眼鏡をかけているでしょうか?
  2. 人気キャラクター、ミッキーマウスのサスペンダーはY字型?H字型?
  3. 人気キャラクター、ピカチュウの尻尾の先端は何色?
  4. 人気キャラクター、おさるのジョージの尻尾は長い?短い?

さて、これらの問いにあなたの記憶だけで、何も調べ直したりせずに
回答してもらいたい

(回答はブログの一番最後に掲載しておく)

実はこの質問、かなり多くの人が勘違いをしている問題なのだ

このような多くの人々が、同じ勘違い、または、同じ記憶を持っている
この不可思議なマンデラ効果という現象の原因については

「パラレル・ユニバース論」と「意図的に埋め込まれる偽記憶説」

の二つが有力な原因とされている

パラレルユニバース論

パラレルユニバース論とは、例えば、我々は一日中数多くの選択を選びながら
生活している

  • 今日はネクタイの色を赤にしようか?黒にしようか?
  • 昼飯は丼物にするか、麺にするか
  • 前から歩いてきた嫌いな上司に挨拶をするか、気づかなかった事にするか

等々

どうでも良いくだらない選択から
中には生死に関わる選択をしている人もいるだろう

このように、数多くの選択の中から選んだ選択の上で、今のあなたは生きているのだ

だが、もし、選択をしなかった方を、もし選択していたらどうなっていたのだろうか?

など考えたことはないだろうか?

その、”もし選択していなかった方を選択していた世界”と言うのが実は存在すると
言われている

それがパラレルユニバースだ

そして私たちは、一瞬一瞬の中で無限に出来上がるパラレルな世界の中の
選択した世界の中を突き進むように生きているのだ

通常ではパラレル世界同士は通じることはないのだが
時折、なんらかの影響で通じたり、合体したりすることがある

  • 超巨大惑星の崩壊のエネルギーだったり
  • CERNの影響だったり

#パラレルワールドの崩壊 もう一つの世界が「CERN」により壊されたそうなのです考察のしようがない・・ - ホットワードでトレンドブログを書く考察

CERNについては当ブログの過去記事を参照していただきたい)

マンデラ効果は、マンデラ氏が1980年に獄中死した世界と
2013年に死去した世界が通じた、もしくは合体した現象なのではないか?

と言うのがパラレルユニバース論だ

意図的に埋め込まれた偽記憶論

意図的に埋め込まれた偽記憶論を説明するには
脳の働きを解説せねばならない

残念ながら紙面の関係で、詳しく脳の働きを説明することはできないが

人間の脳とはかなりいい加減なものである

と言うことを覚えておいてほしい

例えば、今起こった事を、過去に起こった記憶に繋げて
過去にも同じことが起こった事と処理してしまうことがある

デジャビュ

と言われるものだ

初めて訪れた場所などで

「あれ?ここ前にもきた事ある」

と言った感覚だ

 また、群集心理の影響などもある

マンデラ氏獄中死の話が噂として広まってくると

「あ・・そういえば私も見た事ある」

と思い込んでしまう

多くの人々が獄中死を言っているのだから、偽りの情報を
本物の情報として処理してしまうのだ

この2例だけ見ても、脳と言うのは本当にいい加減なものであると
思えないだろうか?

また、話は少し変わるが

ある科学的な方法を使って群衆に偽りの記憶を植えるけることも可能である

いわゆる

サブリミナル

と言うものだ
もし、なんらかの目的でマンデラ氏が獄中死したと言う
情報を拡散したがっていた者がいたとしたら

マンデラ効果はサブリミナルで刷り込まれた記憶と言う事になるのだが

残念ながら、未だ、マンデラ効果の原因について
はっきりした理由は解明されていないが

マンデラ効果名付け親の
フィオナ・ブルーム氏はこう語る

「ある事実に関する同期しない記憶が、実際は起きていない出来事に繋がってしまうのはパラレルユニバースの影響を受けたからだ」

と・・・

 

牙をむき出したHAARPの恐怖

 

f:id:oremoyan:20180727114246p:plain

 

さて、マンデラ効果については、なんとなく理解してもらえたと思うので
話を「消えた一万円」に戻そう

はじめに答えを書いてしまうと

100万円を拾った世界と、はじめから99万円しかなかった世界が通じてしまったからだ

と言うことだ

どうだろう、これなら「消えた一万円の謎」がスッキリと解けたのではないだろうか?

だが、スッキリと「一万円」の謎は解けたものの、次にスッキリしない問題が
出てくる

それは

どうしてパラレルユニバースが起こったのか?

と言う問題だ

実は、今回のパラレルユニバースには前兆がある

それは

現在、世界規模で起こっている異常な気象

日本では最高気温が約5年ぶりに更新され、アメリカでは気温は50度を超え
北欧フィンランドでは35度を超え

さらに、大豪雨で岡山や広島、四国が壊滅的な打撃を受けたのは記憶に新しい

一体、この異常な気象現象はなぜ起こったのか?

一説によれば

HAARPによる気象操作

だと言う話がある

なぜ、今回これだけの世界規模な異常気象を起こさせたのかという疑問もあるが
天候が荒れれば農作物の値段に響いてくる

さらに、追従するかのように他の物の物価も変わってくる

物価の価値を変えることで漁夫の利を得ようとするなんらかの
権力者がいるのかもしれないとしか身の安全のために言えない

HAARPについて詳しい説明は要らないとは思うが
HAARPが気象を操作する時に強力な電磁波を照射するのは
もはや誰もが知るところだ

その強力な電磁波により、HAARP使用時には世界のどこかで
アポカリプティックサウンドが響いたりしている

今回の異常な気象が始まる前、6月13日ごろに
アポカリプティックサウンドらしきものが聴こえたと
報告を受けていた

筆者は間違いなくHAARPが作動したと確信したのを覚えている

そして、その5日後、あの大阪北部地震が起こったのだが
そのHAARPの強力な電磁波照射は異世界への扉を開くパワーも
持ち合わせているという

f:id:oremoyan:20180727155855p:plain

上の写真はHAARPが作動して強力な電磁波のため異次元へのポータルが開いたと
言われている写真だ(6月13日のものではない)

虹色に輝いているのが異次元ポータルである

このように、実際にHAARPにより異次元へのポータルが開くことは
証明されている

どうだろう

日本国内で見れば

大阪地震から始まり中国四国地方でのこれまでにない豪雨

地震から始まり異常な気象が続いている

これは間違いなくHAARPが作動してなんらかの現象が起こっている
証拠だとは思えないだろうか?

さらにHAARPにより異次元ポータルが開いた結果

「消えた一万円」事件は

「100万円あった世界」「99万円だった世界」が通じてしまった

それゆえ

拾得者の女性と数人の警察職員は

「99万円しかない!」

と思ってしまったのだ!

私的な話で申し訳ないが、異次元ポータルが開いた証拠と言うか
現象を実はつい最近体験している

と、言うのもこのブログを書いているときは、基本的に夜に一杯引っ掛けながら
書いている

とてもシラフの昼間のテンションでは書き上げれないからである

夜にこのブログを書いていると、飼い猫がいつも「餌くれ〜」と
寄ってくる

そして、つい5日ほど前、日本酒を1瓶720mlをそろそろ呑み干す頃であろうか

ブログを書いていると
いつも通り飼い猫が「餌くれ〜」と私の足元に寄ってきたのだ

私はいつも通り、頭を撫でてから餌をあげようと足元に手をやった時に
ハッと気づいた

猫がいないのだ!

この時筆者は、間違いなく6月13日から続くHAARPの影響により
異次元ポータルが開きパラレルユニバースが起こっている!

と思ったのだ

つまり、いつも通り猫がいる世界と、現在の猫が寄ってきていなかった世界が
交差し始めている!
と言うことだ

普段の生活の中でも何気ないことから異次元世界との交差を
注意深く生活していれば感じることは可能である

「猫がいなかった」と言う、そんなことがあってから

この

「消えた一万円」事件の記事を見つけた時には

私は間違いなく

「これはマンデラ効果でHAARPにより異次元世界との交差が始まっているのだ!」

と直感した訳だ

これから異次元世界との交差がさらに進むと、今のこの世界はどうなっていくのか
さっぱり不明であるが

「消えた一万円」事件の真相が、スッキリしたのではないか?

もし、「消えた一万円」事件がマンデラ効果のせいでなければ

警察がパクったとしか考えられない事件である

知らんけど

 

モノポリーNEW

モノポリーNEW

 

モノポリーのおじさんは、片眼鏡をしていない

 

 ミッキーマウスはサスペンダーをしていない

 

ポケットモンスター モンスターコレクション EX EMC_01 ピカチュウ

ポケットモンスター モンスターコレクション EX EMC_01 ピカチュウ

 

 ピカチューの尻尾の先端は黄色、(黒と思っている人が多い)

 

おさるのジョージに尻尾はない