ホットワードでトレンドブログを書く考察

トレンドブログは新たな知識との出会いの場所。ジャンルを絞らずに掘り下げてみよう

杉田水脈議員のLGBT発言をガイア理論から見ると問題点が浮き彫りにされた!

ガイア理論から見ると杉田議員のLGBT発言は問題があった?!

f:id:oremoyan:20180730014009p:plain

2018年7月18日
立憲民主党尾辻かな子議員のツイートに

 

 

f:id:oremoyan:20180729160218p:plain

 

LGBTの人に対して生産性がないと言う差別的な発言があったという
ツイートがされ
各方面から非難の声が上がった

だが、ここで非常に疑問になるのが

非難している方々は、全文を読まれてから非難の声を上げているのだろうか?

と言うことだ

 

新潮45 2018年08月号

新潮45 2018年08月号

 

 全文は新潮45 2018年8月号に掲載されている

 

全文を読めばきちんと書いてあるが
杉田議員はLGBTに差別的な意識は持っておらず

さらにLGBTの方々と話をしたところ

「社会的な問題より親の理解が得られず困っている、そこを解決してあげるべき」

LGBTの方々にむしろ寄り添った文である事が解る

立憲民主党の辻尾議員のツイートには
雑誌の一部分のみ

LGBTは生産性が無い」

と言う、まるでLGBTを差別扱いしているような
印象を与える部分だけを紹介している事に
むしろ問題を感じる

しかもLGBTに生きる価値は無いような事は書いていない

では、一体、杉田議員はLGBTの何が「生産性が無い」
発言したのだろうか?

これは

L(レズビアン)G(ゲイ)では子供を作ると言う生産性が無い
LGB(レズ、ゲイ、バイセクシャル)と言うのは
個人的な性癖であり、国の予算を個人的な性癖にまで投入すべきなのか?

という話をしたまでだ

当然、国家予算は税金からなので、使ったからには
なんらかの国へのリターンがなければならない

それらの理由を含めて

LGBT支援に国家予算を投入する必要はあるのか?

と問うたのだ。

ちなみに、LGBTのTはトランスジェンダーつまり
性同一性障害の人の事で性癖とは違うと杉田議員も言っており
Tに対しては政府の協力もあっては良いのでは?
と書いてある

少子高齢化と言われ、人口が益々減っている
新たに産まれてくる子供の数が年々減っているのだから

LGBTに予算を回すくらいなら少子化問題にもっと予算を出すべきでは?

と、実に真っ当なことを言っていると思うのだが
いかがなものだろう?

残念ながら、筆者はLGBTでは無いので、LBGTの方々が正直どう思っているのか
完全に理解する事は出来ないが

国に予算をつけてもらって自分たちの性癖を
どうのこうのしてもらいたがっているとは
とても思えない

現在、国会前で騒いでいるLGBTの方々は
国にどうのこうのしてもらいたがっているのだろうか?

もし、LGB(T)という(Tは障害なので()をつける)個人的な性癖に
予算を投じると言うなら

世の中にはズーフィリアと言う動物に性愛を感じる性癖もある
ズーフィリアにも国家予算を投じろとでも言うのだろうか?

 

さらに、ペドフィリアという幼児に性愛を感じる人々もいる
これも性癖だ

 

児童性愛者―ペドファイル

児童性愛者―ペドファイル

 

 

さらに生産性のないSEXよりオナニーの方が好きという性癖もある
オナニーは子供を作れないので生産性がない点でLGと同じだ

オナニーが好きな性癖にはディルドやオナホを予算で買い与えろとでも
いうのだろうか?

 

 

レズやゲイやバイセクシャルと言った性癖を国家予算で保護するなら
同じ個人の性癖なのに、なぜペドフィリアは犯罪と言われてしまうのか?
ヘイトだ!

という人々も出てくるかもしれない

 

性倒錯者 だれもが秘める愛の逸脱

性倒錯者 だれもが秘める愛の逸脱

 

 いろいろな性癖を科学や医学の目線から追ったこの本は性癖を考えるに必読の一冊

 

もちろん、国会前で個人の性癖を国家予算でなんとかしろ!
と騒いでいたり、ネットなどで

「杉田議員のLGBT発言は差別だ」

などと言っている人は、ズーフィリアやペドフィリア、その他いろいろの
性癖をもつ人々のことも考えているに違いない

他の性癖のことも考えずに騒いでいるなら
あなたはLGBT以外の性癖をもつ人々からこう呼ばれるだろう

「この差別主義者め!」

性癖についての考えだが筆者個人的に
性癖と言うのは個人的もしくはカップルで
もしくは同じ性癖をもつグループで
密かに楽しむのもだと言う考えを持っているが間違っているのだろうか?

さて、人間、動物には男と女、オスとメスという2つの性別があり
その2つがSEXを行う事で子孫を増やしていく事ができる

(フリンジ的(非主流科学)には女(メス)だけでも子供を作る事はできるらしいが
それは科学と言う人の手を借りての話なので省く、無論、クローンも省く)

オスとメスでSEXを行う事で子孫を増やす種類の生き物は
それが神なのか何なのか解らないが

SEXは子孫を増やすために与えられた義務であり権利だ

そもそも、子孫を増やすという意味合いで
LG(レズ・ゲイ)は神か何か解らないものから与えられた
義務、権利に反する行為である

聖書の創世記にある

「産めよ増えよ地に満ちよ」

この言葉に反するものだ

杉田議員の「生産性」が無いと言うのはこの事だ

だが、ここで一つ考えなくてはならない

「産めよ増えよ地に満ちよ」

と言うのが神か何者かから与えられた権利や義務なら

なぜ、同性に性愛をもつプログラムが我々には組み込まれているのだろうか?

子を産み人口を増やすなら同性愛のプログラムなど必要ないはずだ

ガイア理論的に見た杉田議員のLGBT発言の問題点

当ブログをいつもご覧の神のような皆様なら
今更「ガイア理論」について書く必要もないだろうが

「こんなブログ初めて見た、もう読まねーよ!」

というようなマダニのウンコみたいな奴らにも解るように

ガイア理論

と言うものをサラッと紹介しておこう

f:id:oremoyan:20180730015509p:plain

写真はジェームス・ラブロック

ガイア理論とは1960年にNASAで勤務していた大気学者であり化学者の
ジェームス・ラブロックにより提唱された理論だ

ガイア理論の内容は

気象学者であったラブロックらしく

「地球には、まるで生命のように自己調節システムを備えている」

という話から
地球を一つの生命体である
と言う理論になったものだ

地球と我々の身体を比較してみよう

  • 地球には数々の生命が生きている同じように我々の人体にも、数多くの菌や寄生虫などが生息している地球にとっては我々は寄生虫や菌のようなものだ
  • 我々の身体の中には血液などの体液が流れている同じように地球の内部にもマントルなど溶岩が血液のように流れている
  • 我々は皮膚によって外気から体内を守るように作られている地球は大気により宇宙線などから地表を守るようにできている
  • 大気により地表温度を一定に保つようにできているように我々の皮膚も体温を保つ構造になっている

こう考えると地球も我々も、何も大差がない事が解ってくる

「しかし、地球は子供を作る事はできないではないか?」

と言われるかもしれないが

実は、そうでもない

f:id:oremoyan:20180730015823p:plain

 

月は地球から分離して出来たのでは?と言う

ジャイアント・インパクト説

がある


子供とは少し違うが、自分の体から産み出したモノという
意味合いでは子供と言っても間違いではないだろう

もはや、地球はモノではなく、生命と言っても間違い無い!

では、ガイア理論のどこに杉田議員のLGBT発言が
引っかかってくるのだろうか

それは、ガイア理論のはじめに書いた

f:id:oremoyan:20180730020155p:plain

 

である

我々の人体は、体内細菌により健康体なのか不健康体なのか
決められていると言っても過言では無い

腸内細菌の善玉菌、悪玉菌のバランスが崩れるだけで
便秘になったり、下痢をしてしまったりする

さらに、肌荒れや他の病気を起こしてしまったりするのだ
何事もバランスが重要だ

これをガイア理論に当てはめるなら

「産めよ増えよ地に満ちよ」

と人口を増やしてばかりいるのは
地球を一つの生命と考えると問題が出てくる

もし私が神なら

 

f:id:oremoyan:20180730020628p:plain

 

「適度に産んで適度に増えて適度に地に満ちてね」

と人間達に命令する

地球にとっての人間は体内細菌なのだから
バランスよく適度に増えてもらわなくてはならないのだ

エコフィジカル・フットプリント

では、バランスよく増えると言っても
どれくらいがバランス良い人口なのか?

と言う話になるのだが
地球1つに対してどれくらいの世界人口がベストなのか?
と言うエコフィジカル・フットプリントと言うのが
WWF世界自然保護基金)が算出している

www.wwf.or.jp

エコフィジカル・フットプリントには
人間一人に対しての資源の消費量や、消費量に対しての自然回復量などから
算出された数字として

地球1つに対して全世界の総人口は

50億人

と算出している

中には

3000万人

と言っている学者もいるが
3000万人は、氷河期などの作物がほとんど取れなかったり栽培出来ない状態で
全世界の人間がギリギリ生きていける人数だ

50億人か3000万人か、どちらが正しいのかはわからないが

現在の全世界の総人口は

76億人と言われている

50億人論だと26億人オーバー

3000万人論だと約8倍もオーバーしている計算になる

イメージするなら
インド軍のバイクパフォーマンスのような感じで
地球に我々は乗っている事になる

f:id:oremoyan:20180729175308p:plain

(インド軍のバイクパフォーマンス)

乗りすぎだ

地球を生命とするガイア論で人間を見た場合
これはとても体調を崩す量である

と、言うか死んでる量では無いだろうか?

杉田議員のLGBTは生産性が無い(人口が増やせない)

と言う話は、あくまで人間サイド
経済的に見てと言う話であるが

ガイア理論で見ると

「やめて!もう増やさないで!!と言うか減らして!!」

と言うことになる

杉田議員とは真逆の話になってくるのだ
地球は人口を減らしたがっている

となると、杉田議員の人口を増やす話はガイア理論では
問題になってくるのだ

どうだろう?
これがガイア理論から見ると杉田議員のLGBT発言には
問題があるという話なのだが

納得していただけただろうか?

だが、話はこれだけでは終わらない

同性愛は地球の自然治癒能力の一つだった

さて、ガイア理論は地球を生命と考える理論であるなら
地球にも人間同様、怪我や病気をした場合には

自然治癒

を行うはずである

人間であれば腸内細菌のバランスが崩れた時には
下痢などを引き起こして腸内細菌のバランスを
正そうとする

しかし、地球には人間を下痢のように
宇宙空間へ吐き出す機能は無い

ではどうするのか?

このブログのはじめに書いたが

神か何者かが「産めよ増えよ」とプログラムをして
人間を地球に作り出したのなら

産むことも増やすこともできない同性愛というプログラムは
無いはずだ

だが、実際に産み増やすという生産性がない同性愛プログラムは
存在している

なぜか?

オス、メス二つの性のある生き物には
子孫を残すために

SEXを行うという義務があると書いた

そう、SEXは自然の行為であり子孫を残すために与えられたモノだ

だが、人口が増えすぎたからと言って

SEXするな!

とはできないだろう
筆者も大好きだ
とっても大好きだ!
あーSEXしてー!!!!
・・・・ハッ!!

え〜と・・その・・つまり、自然の行為としてSEXを止める事はできないので
子孫というか人口の制御を地球は行わなくてはならない

性を異性に求めないプログラムを作動させて同性で性を満足させるようにすれば
良いのだ

「そんな話は信じられない」

と言う方もいるかもしれないが

世界人口デーと言うのをご存知だろうか?

世界人口デー

この世界人口デーと言うのは1987年7月11日に世界人口が50億人を突破したとされ50億人突破記念に制定された記念日だ

そして驚くなかれ
世界的にLGBTの人権を求めるデモや集会が大きくなってきたのも
なんと1979年から1980年代なのだ

WWFが発表したエコフィジカル・フットプリントでは
地球の人口は50億人で限界という数字を出している

 そして多少年数のずれはあるが同じ1980年代に

人口は50億人を超え
そしてLGBT問題は世界的に大きくなった

これら全ての事は偶然だったと断言できるのだろうか?

杉田議員の発言は経済を動かすという人間目線からすると
間違いではない

「産めよ増えよ地に満ちよ」

だからだ

だがしかし、地球からすると
人間は増えすぎた存在なので同性愛プログラムを

人口50億人を突破した1980年代に作動させたと考えると
納得できるだろう

知らんけど