ホットワードでトレンドブログまとめブログ

トレンドブログは新たな知識との出会いの場所。ジャンルを絞らずにまとめてみよう

夏といえば怪談!怪談といえば白鷺城!お菊さんと宮本武蔵に会いに姫路城へGO!

姫路城へお菊さんと宮本武蔵に会いにGO!

www.city.himeji.lg.jp

 

f:id:oremoyan:20180823161646j:plain

いや〜真夏という時期もすぎましたが
まだまだ暑いですね

お盆も過ぎて怪談話熱も少々引いた感がありますが

仕事の休みが盆過ぎてからなので
少々時期外れ気味ですが

お菊さんと宮本武蔵に会いに

姫路城!別名 白鷺城へ行ってまいりました

姫路城といえば”お菊井戸”

日本の怪談話のトップ3の1つに入るであろう

お菊の亡霊

播州皿屋敷として歌舞伎の演目や落語などで
親しまれるお話なので

日本人なら誰しも知るところでしょう

怪談話として有名なお菊さんですが

架空の人物でなく実在の人物であることは
意外と知られていないようで

時代は室町
姫路城を収める小寺家に取って代わり自分が城主になろうと企てていた
国家老青山鉄山がいました

小寺家城主が死去したおり、まだ若い小寺則職が城を引き継いだのを機に
則職を毒殺しようと計画していたのを

お菊に知られてしまいました
時を同じく、お菊に想いを寄せていた
青山鉄山の家来であった町坪段四郎

戦乱の中、姫路城を奪い取った青山鉄山が
宴を開き小寺家の家宝であった十枚揃いの皿を使うのを知った
段四郎

皿の一枚を隠し、お菊のせいである事にしました

皿が一枚足りない事に激怒した青山は
お菊を激しく叱咤しましたが
段四郎がとりなし

段四郎は、お菊を自分の屋敷住まいにさせる事に成功します

自分の屋敷にお菊を住まわせる事に成功した段四郎
自分の想いをお菊に伝えますが

お菊は、段四郎の想いに答えようとはしませんでした

怒った段四郎は、お菊を殺し井戸に捨ててしまいます

f:id:oremoyan:20180823165445j:plain

その、お菊が投げ捨てられた井戸が上の写真の井戸です

井戸の前には

f:id:oremoyan:20180823165759j:plain

お菊井と書かれた石柱があり

井戸の横には

f:id:oremoyan:20180823170032j:plain

お菊井戸のお話が詳しく書かれた掲示板もあります

井戸の中を覗き込んでみると

f:id:oremoyan:20180823170310j:plain

写真では解りにくいですが

深くてくらい穴がぽっかりと開いているだけです

現在は金網が張られて井戸に入ることはできませんが
こんな穴に捨てられては

とても成仏できようはずもないことは
ひしひし感じることができます

謂れなき冤罪で殺されたお菊が
悲しみと憎しみを持って

この、ぽっかりと開いた暗い穴から

「一枚二枚。。。」

と言って現れたのもなんとなく解ります

非業の死を遂げたお菊の魂に手を合わせ
私はお菊井戸を後にしました

掲載した写真には写りませんでしたが
井戸の中には白い花が咲いていました

その白い花が私にはとても印象深かったです

宮本武蔵に会いにGO!

姫路城には、お菊井戸以外にも

宮本武蔵の伝説があります

姫路城城主が木下家定の時代
城内は妖怪騒動でざわついていたにも関わらず
平然と仕事をこなしている豪胆の足軽がいる事に
家老が気づきます

家老は、その豪胆の足軽はきっと身分を隠した名だたる剣豪であるに
違いない!と気づき

「きっと宮本武蔵だ!」

と決めつけます
その足軽

宮本武蔵やんな?」

と問いただすと

「せやで」

と言ったかどうかは解りませんが
身分のバレた宮本武蔵は木下家の客分となり
城の妖怪退治をお願いされます

妖怪退治をお願いされた宮本武蔵
妖怪の出ると言われている天守へ向かいますが

城の3階と4階で妖怪の阻止を受けます

武蔵は刀に手をかけ
妖怪の阻止を物ともせず天守へ向かいました

天守へ着いた武蔵は妖怪が出るのを待っていましたが
残念ながら妖怪は出てこず

天守閣から降りようとすると
突然、お姫様がどこからか現れ

「私はこの城の守り神の刑部明神です。今宵、あなたが現れたので妖怪は、あなたを恐れて
逃げてしまいました。妖怪を逃がしてくれたお礼に宝剣をあげましょう」

と白木の箱に入った刀を授けられたそうです

現在でも刑部明神を祀った祭壇が姫路城には祀られています

f:id:oremoyan:20180824161715j:plain

また、宮本武蔵と姫路城といえば

武蔵は精神修行のために3階と4階をつなぐ階段にある秘密の
隠しべやに篭って修行していたというお話もありますが

姫路城の解説の人に話を聞いてみたら

「多分、それはないですねぇ〜」

とおっしゃっていました

天守閣からの帰り際に
3階と4階をつなぐ階段あたりに隠し部屋はないものか?

と探してみましたが

隠しべやとは思えないくらい、大変よく解りやすい扉はありました。
隠し部屋なので、見つけられなかったのかもしれません

その代わりに、壁板などを注意深くみながら城内を見学してみると
いつの時代のものかわかりませんが

壁板に、名前のようなモノが彫り込まれていたりします

 

姫路城ミステリー「十字架模様の瓦」

また、姫路城には十字架の文様の屋根瓦が一枚だけあります
なぜ一枚だけ十字架の文様の屋根瓦があるのか現在でも不明でありますが
姫路城城主だった池田輝政が、実はキリシタン大名だったという噂があり
その名残なのではないか?

という説もあります

ただ、十字架といえばキリスト教というイメージがありますが
十字架は世界でももっとも古いシンボルマークの一つで
キリスト教ができる前から使われているマークです

シンボルマークとしての十字架の意味としては

神の世界と人間の世界がまじ合わさる統一世界を意味したり
太陽を意味したり
南十字星を表したり

と、様々な意味があります

古代中国では
十字紋の入ったお餅を食べて厄除けのおまじないとした
風習があったそうで

姫路城の十字架瓦がある西の門(にの門)はちょうど
裏鬼門に当たることから
神仏が今より信じられていた当時ですから

魔除けとして十字架の瓦を西の門に備えたのではないか?
と私は思っております

明治昭和平成と大改修工事が行われ
建築当時から使われている素材も少しづつは減っていると
思われますが

壁板の一枚、瓦の一枚、石垣の石の一つ一つを細かくみてゆけば
まだまだ、面白い発見があるかもしれません

面白い発見といえば!

そういえば、面白い発見と言えるかどうかわかりませんが
とにかく、姫路城の見学者は

外人が非常に多かったです

中国人や韓国人より、白人が多かったです

私が城内を見学していて、面白いものが見つかったりした時に

「うわ!これすげー!」

と喜んでいると、いつの間にか私の隣に
とても可愛い白人の女性がいつもいて
こちらにニコリと微笑みかけてくれていました

もしかすると城見学ついでに異国の地で一夏のアバンチュールを
共にしてくれる城主も探していたのかもしれません

残念ながら私は家族で城見学に来ていたので
一夏のアバンチュールを共にする城主にはなれませんでしたが

一人で行っていたなら
異国の女性の一夏だけの城主になっていたかも・・

 

信じるか信じないかはあなた次第です

 

 

姫路城を歩く

姫路城を歩く

 
名城をゆく 姫路城 (小学館アーカイヴス)

名城をゆく 姫路城 (小学館アーカイヴス)

 
姫路城Walker (ウォーカームック)

姫路城Walker (ウォーカームック)

 

 

 

知らんけど

 

PR

あなたがなんとなく散歩とかしていると、UFOに誰かがアブダクションされたり
草むらになんかいるなぁ〜と思って見てみたらチュパカブラだったりする事って
よくありますよね?

そんなよくある事を撮影して投稿しておくだけで
テレビなどのメディアが買い取ってくれるサービスがあるのをご存知でしょうか?

hotword.hatenablog.com

詳細は上記の記事にて

これまで映像で稼ぐならYouTubeでしたが
昨今の規約の変更でこれまで稼いでいたユーチューバーも
軒並み稼げなくなったという話を聞いたことがあると思います

今からYouTubeで稼ぐのは非常に難しい時代になるのは
もはや誰しも知るところ

ちょっと目線を変えて新しいサービスで稼ぎながら
知られざる真実を世に公開して見るというのもありかなと思います

知らんけど

 登録(無料)はこちらから👇

おもしろ&びっくり動画をメディアが購入!
動画売買プラットフォーム【videocash】

姫路城が綺麗に見える秘密?のポイントと西の丸(ネタバレあり)

f:id:oremoyan:20180824170217j:plain

姫路市立動物園は入場も大人200円子供30円ととてもリーズナブル
私の行った日は、台風19号の影響で曇りと天気予報で言っていたのに
ぴーかん照りのクソ暑い日で
動物はほとんど死んでる状態でしたが

人も少なく、とても綺麗に姫路城をゆっくりみることが出来ました

f:id:oremoyan:20180824170653j:plain

また、姫路城を囲む
百間廊下(西の丸)も見応えがあり
出口付近に千姫がひっそりとお見送り?してくれます

f:id:oremoyan:20180824171027j:plain

廊下の突き当たりに突然現れる千姫には
少々ドッキリさせられましたw

一緒に行っていた息子(小3)は

「ぎゃー!!!」

と言って
びっくりして廊下を飛び出して行きました

ちなみに西の丸(百間廊下)は非常に風通しがよく
とても涼しいです

最後の千姫のおかげでさらに体温は下がった気がしました。