ホットワードでトレンドブログを書く考察

トレンドブログは新たな知識との出会いの場所。ジャンルを絞らずに掘り下げてみよう

台風21号 正直、ちょっとナメていましたと反省

台風21号でベランダが吹っ飛んだよ・・涙目

f:id:oremoyan:20180905181700j:plain

いつもなら世界の謎や陰謀や不思議に挑んでいる
当ブログですが

2018年9月4日に日本を縦断した
50数年ぶりの勢力を誇ると言われている

台風21号

が、筆者の住む近畿地域に多大なる被害を与え
動画やニュースで日本だけではなく世界で話題になっているのに加え

筆者の車のフロントガラスも台風でヒビがいってしまい
2階のベランダは支柱ごと何処かへ吹っ飛ばされてしまった

 

f:id:oremoyan:20180905181728j:plain

 

さらに、筆者の住む近所では
断水やガスが止まったりしており
現在も停電が我が家では続いている(9月5日16時現在)

筆者の住む近所だけでも、かなり大きな爪痕を
残しているこの現状を見ると

「ああ・・・常日頃から、アレやコレは準備しておくんだった・・」

と反省したり

「おお!コレは役立った!」

と常日頃から持ち歩いているものがあったりしたので

いつ、どこで起こるかわからない災害に備え
後日のために記録しておこうと思う

ライト

f:id:oremoyan:20180905181746j:plain

 フラッシュライト

 

紹介しているのは私が常日頃から持ち歩いているフラッシュライトと同型のライトだ
災害時にはとにかくフラッシュライトがないと始まらないと実感した

台風21号が近畿を通過したのは昼過ぎだったが
台風通過時には、あたりは真っ暗になり、さらに暴風に備え
家中の雨戸を締め切っている

昼間なのにライトがないと家の中を歩くことができないほどだった
さらに地域全体が停電により夜間はほとんどあかりのない状態である

台風による雨のため屋外での作業や移動には防水のライトは欠かせない

そして、このライトが非常に役立ったと思ったのが

信号も停電のため止まっており、車の通行が非常に危険だった
紹介しているライトは光の強さをワイドにしたりシャープにしたりできるので
遠方から近づいてくる車に自分の存在を知らせることができるようになっている

車と歩行者のお互いの安全のために、強い光のライトは必需だと思った

そして、次にあったよかったと思ったライトが

 ランタン

Coleman(コールマン) ランタン クアッドマルチパネルランタン 2000031270
 

 

ランタンである

やはり、停電している夜に非常に役立った
先に紹介した形のライトでは部屋全体を明るくするには力不足だが

広い範囲(部屋の中全体だが)を照らすにはランタンが最適だ
我が家では、子供が夜にくらいと怖がるので百均で買ったランタンが
あったので、それを使っていたが

百均のランタンでも充分に役立った

 ヘッドライト

 そしてヘッドライトも役立った
やはり、暗闇での作業は明るい場所での作業より手間取ってしまう
そんな時に手持ちのライトでは作業はより手間取ってしまう

ランタンでも良いのだが、ヘッドライトがあると
より手元を明るく見ることができるので非常に役立った

とにかく、灯は非常に重要である

暗くて心細い状態でも、明るさがあると少しでも心が落ち着くのである

ラジオ

災害時には停電も起こるのでテレビでの情報収拾ができなくなってしまう
そんな時に非常に役立ったのが

電池の使えるラジオだ

 

Audio Comm CDラジオ871Z RCR-871Z

Audio Comm CDラジオ871Z RCR-871Z

 

今回の台風で筆者はラジオで失敗をしてしまったが(後述する)
現状を把握するにラジオは非常に役立つ

 

 

 災害用に備えておくなら、やはり電池駆動の時間が長いハンディタイプのものが
良いと思った

ヘルメット

【ノーブランド品】 SWAT仕様 M88 フリッツヘルメット 黒 ブラック
 

 都市部では、とにかく頭の上に危険が非常に多い
お店などのプラスチックでできた電光掲示板などである

筆者の家の近くにも店の電光掲示板があり
台風の影響で割れてしまっていた

その割れた掲示板のプラスチックは鋭く尖ったまま
いまだに頭の上にあるのだ

こんなものが、突然落ちてきたとしたらたまったものではない

その時
耳までカバーできる軍用のようなヘルメットがあれば安心できるな
と思った

筆者はオートバイには乗らないので、バイクのヘルメットを持っていないのだが
バイクのフルフェイスのヘルメットも有効なのではないか?と思われる

 

 そして、大人より注意が散漫な子供には
災害時には必ずヘルメットを装備させてあげてほしい

何があるか解らないので、できるなら首の後ろまでカバーできるタイプの物が
良いと思われる

手袋

先にも書いたが
とにかく割れたりしたものの先は鋭く尖っている
ここで非常に役立つのが

 

TRUSCO 革手袋普及タイプ

TRUSCO 革手袋普及タイプ

 

 革製の手袋だ
筆者は今年6月に起こった大阪地震で備えていた革手袋を使用して
新しい物を購入するのをついつい忘れており

台風21号通過後の撤収作業を軍手で行なっていたのだが
尖ったものの先が手に刺さってしまい怪我をしてしまった

次に起こる災害に対しての教訓ができた

備えていた訳ではないが、あって助かったもの

次に紹介するのは
別に災害に備えていた訳ではないが、あって助かったものだ

 

プロテイン

POWER&STRENGTH ホエイプロテイン ミルク風味 3kg

POWER&STRENGTH ホエイプロテイン ミルク風味 3kg

 

筆者は趣味で筋トレをしているので、プロテインは常に家にある
災害時には水道、ガス、電気といったライフラインが遮断されてしまうことが
多々ある

ありがたいことに、今回の台風では筆者の家では水道、ガスは生きていたので
とりあえずの料理はできたのだが

災害時にいちいち料理する気には、ちょっとならない
とりあえずの物で過ごすのが常だ

筆者の使っているプロテイン
タンパク質以外にもビタミンやミネラルなども豊富に入っているタイプの
プロテインなので

1日2日ならとりあえずの栄養は補充できる
また、味も甘いので飲むとホッとできる効果もあった

 

 モバイルWIFI

f:id:oremoyan:20180905182530j:plain

【WiMAX2+】WiMAXなら家でも外でも使い放題

先ほど、ラジオで失敗したと書いた
実は、電池をライトに使用して
ラジオの電池が途中で足りなくなってしまったのだ

そこで役立ったのがモバイルWIFI
筆者は外での仕事用にWIMAXを使用している

停電が起こるまではテレビで情報を収集していたのだが
停電が起こりテレビは使えなくなり

ラジオでの情報収集となったのだが
ラジオの電池はライトへと回ってしまい
電池が足りなくなってしまった

電気も開通せず、固定のインターネットも使えないので
情報収拾ができなくなってしまった

そんな困っている時に

「あwWIMAXあるやん!」

と思い出したのだ

台風で基地局が壊れてなければ使えるはずと思い
WIMAXとパソコンを繋げると
ありがたいことに繋がった

ネットの情報はありがたいことに
ラジオやテレビと違い、狭い地域の情報も習得することができる

つまり、自分の住んでいる町の情報をテレビやラジオより
知ることができるのだ

どこで給水できます
とか

どこのコンビニは開いてます
とか

電気はどこまで回復しました
などである

ただし、今回はWIFI基地局が生きていたのと
筆者が仕事でパソコンを使うので
家に3台充電されたノートパソコンがあったおかげで
ネットから情報が収拾できただけであって

さらに大きな震災や災害などで通用するとは思っていない

さらに、もしかしたら

「パソコンじゃなくてスマホでもいいんじゃない?」

と思う方もいるかもしれないが
停電しており、いつ電気が復旧できるか解らない時に
非常連絡用にスマホのバッテリーは温存しておきたい

そんな思いからスマホでの情報収集は控えていた

十得ナイフ

f:id:oremoyan:20180905182621j:plain

 これも筆者は常に持ち歩いているものなのだが
やはりあると心強い

筆者の家の壊れたベランダの片付けや、家の周りなどで
絡まったゴミなどを片付ける時に役立った

プラスマイナスのドライバーが付いているので
壊れたベランダの支柱のネジを回す時や
握り方で、ちょっとしたハンマーがわりになるので
壊しておきたいちょっとした物を壊す時など

また、ピンセットも付いているので
撤収作業中に刺さってしまった棘もすぐに取ることができた

ポケットに入るので、いちいち移動して道具を取りに行かなくても
良いので作業は早くできたのだ

 うちわ

塩見団扇 うちわ 千代女 (片面透かし) 25×37cm 青 2103

塩見団扇 うちわ 千代女 (片面透かし) 25×37cm 青 2103

 

 もう、これなしでは蒸し暑くて倒れそうになった

なにせ、停電でクーラーも扇風機も使えず
暴風のため窓も開けることができず

家の中は蒸し風呂状態だった

そんな時に家にあったのが
わずか三枚の広告うちわだったが
とにかく助かった

冬場の災害では必要ないかもしれないが
春から秋にかけての期間での災害には必要であると感じた

骨の強い丈夫な大きめのうちわが良いと思われる

今回は使わなかったが、私が備えているグッズ

今回の台風では使わなかったが、筆者が災害にと備えている
防災グッズもついでに紹介しておこう

 救急セット

紹介しているものとはちょっと違うが、内容は大体同じものだ
絆創膏や包帯、三角巾、サバイバルシート、消毒紙など
ちょっとした怪我なら対応できて

カバンに入れてもあまり邪魔にならないタイプのものだ

災害時の怪我は命に関わることも多いので、救急グッズは常に
新しい物を買い換えて備えておきたい

 寝袋

 寝袋は、最低使用温度ができるだけ低い物を備えておきたい
今回の台風21号は夏場にきて、筆者の家を破壊する事もなかったので
(ベランダは壊れたが・・・涙目)

使うことはなかった、だが災害はいつ来るか解らない
冬場に来て家屋を破壊してしまうかもしれない

また、寝具のない避難所に非難する事もあるだろう

安いものは大体、中のワタが薄く場所によっては非常に眠りにくい

災害時に体力の温存は非常に重要なので
少しでも心地よく休めるように寝袋は値段が高めでも
ワタが厚目の最低使用温度ができるだけ低い物を選ぼう

 ポンチョ

ポンチョは災害時に非常に役立つ

「雨合羽でいいのでは?」

とも思われるが

ポンチョは、敷けばゴザ代わりにもなり
支柱を立てれば屋根にもなる

ちょっと狭いが、テントにもなるのでプライバシーのいる場面でも
役立つ

厚手のものは保温も良いので、寝袋がわりにもなる

そして、濡らしたくないもの
例えば避難グッズの入ったリュックなどを背負った上から
羽織ることができるのがありがたい

無論、雨合羽より作業しにくいというデメリットもあるが
避難先などで待機するにはポンチョは非常に役立つ

 他にも

水やレトルト食品なども備えているが

調理不要!美味しい防災食セット-18食入り 2人で約3日分
 

口に入るものは、使用期限が来る前に
余裕を持って買い換えるのが良い

例えば、家族で出かける時のお弁当がわりに
非常食を使うとかすれば

いい感じで買い換えできると思う

最後に

非常に強い台風と聞いていても
地震と比べれば大したことないだろうと

今回の台風を正直、舐めている事もあった

雨戸をしめて、飛びそうな物は屋内にしまって
屋外にあるものは緊縛しておけば問題ないだろうと思っていた

だが、今回の台風は、そんなレベルではなかった

本当に甘かったと反省している

備えあれば憂いなし

肝に命じて置かなければならない

 

 

そういえば・・・

今回の台風21号が来る4〜5日ほど前だろうか

仕事帰りに夜中道を歩いていたら
空の方から

「ブォ〜・・・」

という法螺貝のような不思議な音が聞こえていた
もしかしたら

アポカリプティックサウンドだったのだろうか・・

知らんけど